読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスチャン2世がぐるぐると考える

クリスチャン2世の視点から結婚・信仰継承・両親との関係などについて書いています

信仰について

クリスチャン2世の子どもに伝えていくべきこと その2

自分を振り返った時、クリスチャンとして生きていくと良いことがいっぱいあるのに、意外とそれを忘れて生活しているんだなと思います。そして、嫌なことにばかり目が向いてしまってマイナス思考になったり、愚痴を言ったり…時々、教会に行くの面倒だな、って…

クリスチャン2世の子どもに伝えていくべきこと その1

もし、自分がクリスチャンホームで生まれなかったとして、クリスチャンになりたい、教会に行ってみよう、と思ったとしたら、どんな理由が挙げられるか?考えてみました。 ① 心の拠り所が欲しい。頼れる存在が欲しい。 ② 良い人間になりたいと思った。清く正…

信仰は刷り込み?その3

先日、ラジオを聴いていたら、ある歌舞伎役者の方のインタビューをやっていました。その方は、お祖父さんもお父さんも歌舞伎役者で、将来は歌舞伎役者になるのが当たり前、という家系だったそう。でも、高校生くらいの時、そういう自分に疑問を持って、バン…

信仰は刷り込み?その2

「神様はいる」「イエス様は救い主」ということは、聖書に書いてある。でも、それを心から信じている、というよりは、ずっとそのように教えられてきた(刷り込まれてきた)ので、そう思い込んでいるのではないか。 そのことがずっと自分の心に引っかかってい…

信仰は刷り込み?その1

私は幼児洗礼を受けているので、(教派的には)神様やイエス様の存在がわかる以前にクリスチャンになっていた、ようです。ただし、自分の言葉で信仰を言い表すことができるようになると「信仰告白式」というものがあり、これを受けて初めて、正式なクリスチ…