読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスチャン2世がぐるぐると考える

クリスチャン2世の視点から結婚・信仰継承・両親との関係などについて書いています

みこころについて

みこころと直感4

結婚を考えていた時に読んでいた本の中に、「(結婚相手は神様から与えられるけれど)、この人は自分が選んだのだ、という自覚をクリスチャンはもっともつべきだ」というようなことが書いてあり、はっとさせられました。 そうか、当たり前だけど、結婚相手は…

みこころと直感3 

結婚相手がみこころの人なのかどうか、どうすれば分かるのか? 仕事を選ぶときに、どちらの仕事がよりみこころなのか? 人生の選択をする時に、クリスチャンは「何が神様の望まれていることなのか」を真剣に考えます。 でも、それって、一歩間違えると、神様…

みこころと直感2

友人の話を聞いて私がふと思い出したのは、「聖書の中で漁師をしているペテロやアンデレという人が、イエスに出会って、すぐに漁師の仕事を捨ててイエスの弟子になった」という話です。 この箇所を読むたびに私は「そんなことってあるかなあ~」と思っていた…

みこころと直感1

クリスチャン2世の、とても親しくしている友人が、ある人とお付き合いすることになった、と知らせてくれました。 彼女とは学生時代からの長く深い付き合いで、学生の頃から「結婚するならどんな人がいいか」「どんな人が自分に相応しいか」というようなこと…